神経管閉鎖障害とはどんな障害なのかを基礎から解説します

神経管閉鎖障害は胎児を死に至らしめることもあることで知られる重大な障害の一つです。神経管って何?という人向けに簡単に記載しておくと、脳と、運動系を司る脊髄の原型が入っている胎児の組織のことです。

胎児は母親のお腹の中で神経板から神経管へと成長していきます。最初板状だったものが、板の端同士が合わさり、管状の組織になるのです。
ここで板の端同士が綺麗に貼り合わされないということがたまに起きることがあります。
管状になりきらないということですね。これが神経管閉鎖障害です。神経管閉鎖障害には大きく2つの症状があります。

神経管の上側が開いた状態は、無脳症という脳が神経管に守られない症状となります。

無脳症の赤ちゃんは、自身の脳が守られない状態のため、死亡するケースが大変多いです。

神経管の下のほうが閉じないと、運動神経を束ねる脊髄が外に露出してしまう二分脊椎症という障害が起きます。

脊髄が神経管の外に出てしまう二分脊椎症は、運動神経に損傷が発生することになります。欧米での研究によって、神経管閉鎖障害は葉酸の摂取で発生率を減らせることがわかっています。国でも妊婦や妊活期の女性に対して1日400μg葉酸を取ることを呼びかけています。
ぜひ妊娠の計画がある方は葉酸の摂取を検討してみてください。